FC2ブログ

RC スタイル

実車好きがRC(ラジコン)にはまって早30年。サーキットやショップで感じる事や思う事をブログで発信。

クローラ計画

最近、癒されるのが昆虫のようにゆっくり岩を登っていく
クローリング映像で・・・・
良いですね、
実車ではランクルやジムニー、ハイラックスのビックフットで
経験していましたが・・・
ラジコンで本格的なトライはしたことがありませんでした。

サベージで・・・してみようかとも思いましたが
少し傾向が違うので・・・・
今年は「スコーピオン」とタミヤの「あれ!!」で
トライしようと思います。
まず今回は
大○様お預かりの
「スコーピオン」の製作レポートから・・・・
まずはタイヤ・・正確にはホイルのウエイト調整!!
DSC01420-1.jpg
低重心化のためのウエイトを仕込みます。
DSC01421-1.jpg
とりあえず試しに前輪だけ・・・
オプションのパーツはこんなところでしょうか?
DSC01422-1.jpg
今回の動力はクローラ用のブラシレス
DSC01423-1.jpg
デフ周りの部品その壱
DSC01424-1.jpg
緑の部品でロックして使います
DSC01425-1.jpg
シンプルな部品構成ですが
部品にリアリティーはありますね!
DSC01426-1.jpg
こんなかんじでソリッド!
DSC01427-1.jpg
ホーシングに組み込むと・・・・
DSC01428-1.jpg
シンプルで部品の精度もなかなかです。
下回りの部品を・・・アームはオプション
DSC01429-1.jpg
続く・・・!


幸せ3点セット

今月も1セット程「幸せ3点セット」をご用意いたしました。
ご予定の方が
ございましたら・・・

宜しくお願いいたします。

再度順延

明日開催予定のタミチャレですが
降水確率ほぼ100%なので
4月6日に延期となりました。
お間違いのないように
お願いいたします。

タミグラ用スイフフト軽量ボディー入荷です。
(ジョーレンズ・スイフトクラスでは使えません)

今度の日曜日・・

今週も怪しい天気ですね・・・・
悪いパターンに入っています。

寒気も入ってきているので
今夜あたりは思いっきり冷え込んでいます。

しかし、お約束のSWIFT練習会は行われています。
間もなく日が変ろうというのに・・・・
皆さん元気です!!
気温はログハウスの室温が8℃ですから・・・
外はもっと低いのでは??

今夜のツーリングは20度のタイヤがよく喰っていますね!!
27度ではちょっと厳しいようです。
みんなSWIFTで5~6時間は走っているので
明日はかなりいいコースコンディションでは
ないでしょうか??
楽しみです。

来週から、WEB SHOPのリニューアルしたいと思います。
新規にBALAN 各電流別 AC/DC バージョンを少ないながら
ZERO MAXの定番化しようかとも思っています。
別電源の方が圧倒的に安定度が高いし・・・
作業順序から考えても・・・
一番最初に出して・・・一番最後にしまうことを考えると
やはり個別にコンセントに入っているのが使いやすいと思うわけです。

加えて、部品供給が予定通りあれば・・・・
BALAN 1.5A
単四仕様を数台作ってみようと思います。

RALLY ばでい~~

今日はJWRCのボディーを・・・
まずはおなじみ
DSC01408-1.jpg
C2 シトロエン
もう2枚目になります。
SUZUKIのワークスカラーは
タミヤさんから出ていますので
ちょっとマイナーなところで・・・
DSC01416-1.jpg
これもJWRCにでていました。
以下はカテゴリーをよく覚えていないのですが・・・
DSC01414-1.jpg
赤いミニはあまりに有名なので・・・
これもマイナーなところです。
RALLYの定番 ストラトス・・アルタリアのカラーやマルティニや
色々作りましたが・・・現存するのはこれだけ・・・
DSC01413-1.jpg
シャシーベースはRS4ミニをMRの2WDにして
フロントバルクヘッドの中にサーボを入れて
F201のフロントタイヤをナローに加工・・・
リヤをタミヤのエスコートのピンタイヤにして走っていました。
番外編です。
DSC01418-1.jpg

むかし、スパイダーをミニコンバージョン化した時に作ったボディ!
RCワールドのカラーページに各メーカーのクルマと共に
掲載していただきました。
あれだけたくさん作ったシェブロンズの037RALLYは
一枚も残っていませんでした。ライトつきだけでも2~3枚作ったはずなのに・・・
大好きでEPもGPも使っていましたからね・・・セリカの時代から行けば
インプやEVOシリーズともっと多くのRALLYボディーがあったのですが
市販のカラーリングに物足らなくなった物を載せてみました。
ルノークリオやフォードエスコートも好きでした。
心残りは・・・
スコダの小さい奴を作らなかった事と
セアトやヒュンダイ・・・まで手が出せなかった事・・・
サイコーな気分で滑れたのは・・・
037とプジョー206&307
RALLYカラー好きの方 
面白いネタありましたら
教えてください
夏の夜はライト オンですよ!!

お知らせです。

レース日程のお知らせ
今回雨天延期になりました
タミチャレ08は
3月30日に開催です。
4月に入りましては
4月27日にセントラル杯を行います。
ワークスドライバーと楽しみましょう。
連休の中
5月4日は京商マイスターカップの第一戦です。
今年はSPADA クラスも23Tも開催です。

近隣のお世話になっているところのレースです。
4月20日 山陽RCカーGP(一年ぶりの再開です)
第2回リアルツーリングは
5月の25日に例の河川敷で・・・
旭サーキットの4月はまだ聞いていないので分りません。


山陽RCカーGPの詳細は

レースの種目が決まりました。
1.フレッシュマン
2.F1
3.ツーリング・ストック
4.ツーリング・オープン
お名前と出場種目と使用バンド(二つ以上)を送って下さい
エントリー料  1000円(女性・学生500円)

当日徴収   (親子参加は子ども1種目無料)
2種目から500円/1種目
レギュレーションは下記の通りです。
携帯メールの方は全部届くでしょうか?
届かない方はPCメールのアドレスを送って下さい。
よろしくお願いします。
2008年度山陽RCカーGP レギュレーション

1.フレッシュマン
☆バッテリー・・・市販のノンマッチドパックバッテリー
☆モーター・・・RS-540(マブチ及びジョンソン)
2.F-1
☆シャーシ・・・ダイレクトドライブ(2WD)のみ
☆モーター・・・RS-540(マブチ及びジョンソン)
☆タイヤ・・・スポンジのみ
☆バッテリー・・・2400mA以下(パックバッテリーでメーカーレベル付のもの)
3.ツーリング・ストック
☆シャーシ・・・四輪が独立したサスペンションで四輪又は二輪駆動のミッションドライブ
☆モーター・・・タミヤ製ライトチューン
☆ギア比・・・6.0:1
☆タイヤ・・・タミヤ製SP1023(レーシングラジアル)
☆タイヤインナー・・・SP1023に附属しているものに限る
☆ホイール・・・ディッシュタイプ禁止
☆バッテリー・・・2400mA以下(パックバッテリーでメーカーレベル付のもの)
☆ボディー・・・市販車の外観を著しく損なうボディー禁止
 ※レース用カラーリング禁止
 ※実車レースで使用されているボディー禁止(WRC等のボディーでカラーリングで    市販車に見える物は可)
☆リアウイング・・・ボディーに標準装備及びヨコモ SD-ACW GTウィングセットのみ
 ※禁止例スーパーGT・DTM等
4.ツーリング・オープン
☆シャーシ・・・四輪が独立したサスペンションで四輪又は二輪駆動のミッションドライブ
☆モーター・・・23ターン
☆タイヤ・・・ゴムタイヤ
☆バッテリー・・・7.2V6セルまでのバッテリー
☆ボディー・・・1/10ツーリング及びGTボディーで塗装済みのもの



RALLY BODY

バイク収納を期に倉庫の片付けをしようと
場所をとっている部分を検分!

使わないけど棄てられないボディーがいっぱい!!
そんななかのRALLY シリーズを少し紹介いたしましょう。
アリスターマクレーがイギリスで乗っていたやつだったと思う・・・
DSC01401-1.jpg

VW GOLF ソニーのミニディスクのロゴが懐かしい。
このマークのマスキングはしんどかった。
次がカッティングで作ったインプレッサ
DSC01403-1.jpg
こちらはマクレー用
DSC01405-1.jpg
MAZDA323GTR? WRC CAR 
ベースボディーはHPI シトロエン「サクソ」
DSC01406-1.jpg
これがそのベース
DSC01407-1.jpg
おなじみランチャ⊿ インテグラーレ
マルティニストライプは色塗りです。
DSC01411-1.jpg
プジョー206 2000と2001 
TB-EVO1をショートホイールベースにして使っていました。
勿論ヨコモのドリタイヤ(当時それくらいしかなかった)
DSC01409-1.jpg
307にスイッチすれば
当然車両変更!!ベースはHPI CIVIC COPE
img0029.jpg
21回の耐久(ラリー)に出た時です。
SUKODAや037ラリーも作ったのですが耐久終了後原形をとどめず
廃棄されてしまいました。
画像 034-1

画像 007

今日はここまで・・・続きは次回に・・・・

お知らせ2

BALAN Ⅵ 1.5A
BALAN Ⅵ 3.0A
BALAN Ⅵ 5.0A
各種入荷です。
今なら全機種揃っています。

WEB SHOPにアップしました。

お知らせです。

天気予報通りの朝からの雨!!
残念~~~

本日予定しておりました、
タミヤチャレンジ08は
来週(3月30日)へと延期になりましたので
来週もご都合の合わせられる方
宜しくお願いいたします。


代わりのネタに
復活を遂げた
クラブマンで試走に(さぼりに・・・)出かけるところを
撮られたの図!!を掲載します。
DSC01391-1.jpg
張り詰めた・・・革ジャン
DSC01392-1.jpg
さらに圧縮・・
DSC01393-1.jpg
原付に見えてきた
DSC01394-1.jpg
久しぶりの2輪です。
DSC01395-1.jpg
脱出!!
このひと時の楽しみ・・・・の後
たまった仕事を・・・こつこつと
このバイクのめぐり合いに感謝!!
総額10万以内でここまで良い子になったのも
皆様のご協力のおかげです。
DSC01396-1.jpg
DSC01398-1.jpg
これで、今年の腰痛対策の
背筋が作れます。(理由が出来ました)



現在未入荷・・・!!!

BALANⅥ 1.5Aがなかなか届かないので
連絡を入れてみました。

体調を崩して1~2日連絡しなかったのがいけなかったのか・・
なんと!まだ出荷できていないとのこと

随分遅れているので
かなり強く・・・お願いしておきました。

お待ちになっている皆様・・・
ご迷惑をお掛けいたしますが
後数日納期伸びます。

申し訳ございません。m(_ _ )m _ _))m

充電池と熱(つづき)

温度差の違いの生まれ方や影響は述べたので・・・?
同じような温度で仕上がっても性能の違う充電をしてしまう理由。

充電器にはリニア・パルスがよく使われる。
どちらの充電器を使っても、電池の状況を把握し
的確な充電が出来れば
新しいうちはそんなに大きく差を感じにくかった。とか・・
特に充電直後は1~2分間のパフォーマンスとしては
(流行の)充電方法がパンチ感が体感できた。とか・・
そんな話はよく聞きました。
ただし、6セルの時代の話であります。
今5セルになって電圧が落ちた分
電流で走れる方向でセットアップが進んでいくであろうから・・・
コンスタントの高い電圧のまま
多くの電流を出し続ける電池の充電が求められる。多分・・・

最初に思いつくことは・・・・
やはり、マッチドで高電圧!!は・・・間違いないだろう。
セルのムラがある以上、選りすぐった物は有利だ。

今回は貧乏セル(笑い)の作り方も後で書こうかな??

話を戻して、
持ってる電池で何とかするとして
同じ温度で仕上がった電池はすべて同じなのか?
という疑問も起こってくるのでは??
答えは
「NO!」
全部の条件を同じで同じ温度であれば
パフォーマンスとして同じと考えても良いが、
実際はコンディショニングや充電方法を含め
同じ温度になったと思ってもかなり違ってくるのである
それじゃ限りなくシビアに揃えないといけないのか?
これも「現実的に厳しい」となる。

そこで妥協点は・・・

充電のパフォーマンスに一番影響を与える物は何か??

充電前、充電中を含め中身の活性化がどこまで出来て
どれだけきちんと充電できたか?である。

(誤解がないように付け加えるが、
決して入ったmAhを差しているのではない
-⊿ピークをきちんと拾えなかったり
ばらついてピークが長引いても数値的な
通電した量は増えるからである
結果、過充電でも温度は上がる)

きちんと入ることは、ピークも短い。
充電量に対して、後半の落ちが少なく
走行時間は、はっきり延びる。
(コンディション条件が同一ならば)

特に、今の新しい4600mAhの電池などでは
温度を上げるために追い充電などをすると
かえってパンチがなくなる可能性すらあるから
その扱い方は前とは違うかも・・・

自己放電の少ない、電池などは
無理やり温度をその域まで持って上がらないでも
電圧オンリーの使い方に固執しなければ
違ったチョイスが出来るのかもしれない。

個人的な結果は持っているけど
可能性として、考えてみてもらいたい物だ。
全体の和のバランスの足し算・引き算である
自分が出来る、同一条件の中で、
何がどのポイントで、コンディションを揃えてくれるのか?
さらに、どう入れていくのか?

私なりの答えはクルマ以外は簡単で
空気恒温槽でデータをとって比較して
一般条件に一番楽な方法を出来るようにしたのが
BALANであり、EXPのPGM:Bである。

隠し技???そりゃ勿論ありますが、隠しているから
隠し技です。
もしこのブログを読みに来て
まだ・・・BALANを持っていなかったら
そこから試してください。

充電量が減ってくるのに走行時間が増える???
そんな体験がいつもの電池で出来るかもしれませんよ

風邪?

火曜日は元気で、所用を済ませ・・・
目標校に合格した娘の
合格祝いのお食事を作る役回りに・・・

「イクラが食べたい」のご要望に
親子丼プラス甘海老を作りました。
DSC01365-1.jpg
下にサーモンのスライスが敷かれています。
お茶碗程度の大きさなので
「あっという間になくなりました」
同じ物を2杯というのもなんなので
次に用意したのが焼肉。
こんなお祝い事でも無ければ
日頃口にしない価格帯(我が家的には)のお肉ですが
うちから50kmぐらいの距離にある田舎(ここよりも)
のスーパーまで買出しに行って準備してました。
タレを買い忘れたので、ついでに自家製で作って
漬け込みして出したのですが・・・大好評!!
DSC01366-1.jpg
これもあっという間になくなりました。
今回のメニューは素材命のところが大きいので・奮発した会はありました。
日頃食べなれない物を食べたせいか・・・
みんなは元気ですが、私は風邪の症状が現れ
昨日は丸一日起き上がることもでしませんでした。
今日は休日診療所に行って薬を貰い
何とかスケジュールに追いつくまでの仕事をこなしました。
BALANⅥ 1.5Aが明日入荷します。
火曜日に見かけたでっかいタイヤ!!
DSC01360-2.jpg
1台分??
さらに近づくと・・・・でかい
DSC01359-2.jpg
一部屋作れそうな大きさ・・・・ですね!!
このゴムの量で一体いくつのラジコン用タイヤが作れるのか???

今日はEXPの注意事項

DEL COM EXPシリーズをお使いの皆様に!!

快適にお使いいただくための情報です。


1:トータルの仕事量の考え方。
DEL COM EXPの取扱説明書にある
MAX電流の表示ですが、
各最大の仕事量が書かれていて、今ひとつ判り難いと思います。
そこで、私なりに、実働で得たデータを載せましょう。

まず、ポート1での20A放電ですが、
ケースにちゃんと載せられて、ポート2を使わなければ大丈夫です。
(個人的にはケースの温度や直射日光の事もあるので15Aぐらいまでが安心な状態だと思います)
FETに掛かる負荷が最大の時にポート2が働くと
熱の問題でFETが焼けて使えなくなることがあります。

2:ポート1で放電、ポート2で充電の同時使用の場合
ポート1で放電あるいは充電(10A以下)であればポート2は同時使用可能
(とにかく冷却がきちんと出来るように・・・)

上記のことから判るように、FET関係で熱が出る部分は
冷却が不十分な状態、もしくは、ポート1&2の使用量
(ワッテージ)がトータルで一定以上を超えると冷却が
追いつかない状況が判ります。

認識としては、充電の際の仕事量はPGM:Bの同時使用がMAX

ポート1放電使用時は18Aから放電電流を引いたPGMの最大電流
例として、
ポート1放電 10A  ポート2PGM:Bで 両方の仕事量的に18Aを超えています。
ここいらがMAX でしょう。

取り説には単一の仕事のリミットが書かれていますが、
EXPは2ポートあり、充電器2台分の仕事となります。
同時に使う際のリミットとしての条件は書かれていません。
能力的にはあるが、使い方で問題が出るのは
そのあたりから来る事だと思います。
それでも、使用領域としては
十分傷めずに能力を発揮できる数値だと思います。
使いこなして、まさにEXP(エキスパート)の称号となりますように!!
頑張ってください!!

今日はここまで・・・・・

突発ですが・・・

BALANⅥの使い方で情報をいただきましたので
興味のある方はご確認ください。!!

重複しますが、
BALANⅥ使用時の注意点として

5セルの場合
6番から行くと1番のプラスに2番のコントロールが入り、
1番のグランドが使えなくなります。
結果2番の制御が出来なくなるのですが、
開発当初から、4~6セルを前提にしていますので
最初のグランドである1番を外さなければ
何セルでも問題が無いと思います。
上手く伝わっていない現状が一番の問題点です。
あと、
7V付近での電池の選び方などが説明書に載っていますが、
現在は放電器の逆接保護と短絡事故の防止の為、行っておりません。
取説からの削除をお願いしているところです。

実質的にはそこいら辺の(EXPとの併用)電池のマッチングより
条件を統一してBALAN単体でコンディショニングしていく方が
効率よく、簡単にマッチングできるので
最近はその方向でやっています。

最後にヨーロピアンがシャーシに触れての事故が増えています。
よく見直すと、事故がおきなくなる方法はいくらでもありますが
車のほうのバッテリーの乗せ方は変えられても、BALANの方は
変えられません。事故が無い様に、ご注意ください。

手前味噌ですが、BALANはコンディショニングという意味では
過去に類のないレベルで行える優秀な放電器です。
ただ、それだけに道具としては繊細な面もあり、
使い方を間違えるとその能力をうまく発揮できません。
お買い上げ頂いたユーザー様は
ぜひ、使いこなして・・・ちゃんと使えると
「簡単で高性能」なところを味わっていただきたいと
切に願う次第です。

私が多く使うパターンはBALAN Ⅵ 5Aで管理充電の容量を
始めから放電。充電開始前に0.1V=0.2V下げてもう一度放電
(20~30分)か追い放電は3Aで行っております。
夏場はそうでもないですが、特に気温が25度以下の場合は
5Aでコンディショニングしていく方が無理も少ないし、
後が楽です。10Aを超える放電でのコンディショニングは
別の作用もありますので・・・お気をつけを!!
BALANユーザー様向け情報でした。
ではでは・・・・

充電池と熱(ビギナー向け)

充電池と温度のテーマ・・・かな?

RCカーで現在使われている充電池の多くは
ニッケル水素充電池で色々な形状のものがある。
その中で、走行用の電池を使用する際に問題になるのが・・・
電池の温度だ。

サブCの場合、初期のものは内部抵抗も低く、きちんと起こせば
今のように管理充電までする必要の無い物だったが、
昨今の大容量電池は電圧や高容量を実現したが
内部抵抗も上がり、自己放電も著しく、管理がそれなりに必要だし
使用状態で内部抵抗を下げる為、充電方法などで結構熱くして使う。

よく知られているのが、
充電前の電池の温度が極端に低い場合は
入りにくくなる事と、高すぎても良くないことだ。
どれくらいがいいのか?となると状態によっても違うから
一概には言えないのだが・・・・
サブCの場合は大体30℃プラスで充電が仕上がる感じなので
20~25℃ぐらいを推奨している。(終了後に3~5℃プラス)

ここでよく誤解が起きるのが表面的な温度のこと。
たとえば放電直後で熱かったセルが25℃になったものと
起きている電池が常温で25℃の部屋に一定時間入れられて
その温度になったものとの状態の違いも意識して扱うのが良いだろう。

充電池の場合、連続で使用すると実際の能力が著しく低下することと
温度的に上がり易くなることだ。
特に、電池のお越し(慣らし)の際に一気に全部のステップを続けてしまうと
内部の温度や圧力が下がることなく・・・特に最後のピークまで持っていかれると
破損や液漏れの原因となることがある。
(ピークカットをキャンセルする場合も同様でガス圧があがる)

考え方としては間違っているかもしれないが、
判りやすくイメージするには、人に置き換えてみよう。

・寒い朝一番にいきなりヘビーに「飯を食え」から「働け!!」といわれて素直に動けるか?
・一仕事終えた後に、飯だけ食わせるから、「寝ずに働け」といわれてできるか?
通常体を起こすところから、働ける状態にもって行き、終わったら、休めるが基本だとおもう。これは慣らしも同じで、芯の温度が落ち着いてから満充電にするのが事故のない方法である。動きやすい温度の把握こそ、良い状況作りの要である。

多くの場合、厄介な事に複数のセルを使うので、グループ作業だ。
さぼり癖のある奴や、働き者を組み合わせて一定の生産量をこなすと
格差が寿命や能力として現れる。
マッチドが精鋭軍団的に思われるのはこのためだ。
これは電池に種類に関わらず同じような事がいえるだろう。
しかし、たとえマッチドでも状態が揃わないまま、過充電や中途半端にとめられて
カットした場合、あるいはピークをキャンセルされて
内部のガス圧がまちまちになった場合、その能力も落ちる事には間違いない。
セルごとに温度を測って2~3℃の範囲で収まらないのは
すでに「何か?」の状態の違いが起きている時である。

長くなってきたので・・・・時間があれば
明日も続きを・・・・


おやつタイム

今日はRCネタおやすみで
おやつタイムです。

地元のスーパーで見つけた
北海道乳業のショコラプリンと抹茶プリン
DSC01346-1.jpg
はじめて見たので買ってみました。
ショコラプリン
DSC01347-1.jpg
ま・まぶしい!!
抹茶プリンがこちら
DSC01348-1.jpg
それぞれに云々書いてありますが・・・
とりあえずかみさんと試食!!
ショコラはけっこうビターで大人用ですね・・・
DSC01353-1.jpg
濃厚というよりはあっさり、しっかりって感じです。
抹茶プリンは・・・・
DSC01354-1.jpg
お・お~~ヘビーに抹茶!!
まさにプリンの醍醐味で底をおこすと黒蜜が出現!!
DSC01356-1.jpg
う・うまい!
個人的にはこちらの方が好きですね!!
価格は特別価格だったのでしょう100円クラスですが
味はもう一ランク上でした。
メタボなお腹でごちそうさま!でした。

明日は電池と熱について・・・・少し書きましょう。
ではでは


カット電圧について

今回はミニッツユーザーからの質問へのアンサー
及びビギナー向けに判りやすい様に
表現しますので、捉え方の違いで突込みが無いよう
お願いいたします。

バラセル放電におけるカット電圧とは:
電池のコンディションをある程度同じ状況にするために
一定の基準電圧まで放電し、その放電をとめる電圧の高さを表しています。

カット電圧の設定値は??
放電グラフを作るとよく判るのですが、
電池が持つ平均的な電流が続けて出せなくなる電圧降下までの
時間が電池の出力容量です。

その変化が顕著に出る(出力が無くなる)電圧が
電池にもよりますが0.9~0.7Vあたりが多く
機械的な検出誤差を含め、
一般的には0.9Vが良いとされているようです。

BALANの場合、より深くしても問題は無いと思いますが
深く放電すると、(復帰の遅い物など)
すぐに充電する必要も考えられるので
0.9Vは妥当な電圧でしょう。
ここ一発の場合は0.5~0.7Vでも良いと思いますが
あまりくたびれた電池の場合、
充電中に、けられる事(途中で終了)が増えるかもしれません。

バランを使うタイミング
基本的に電池を揃える理由は「充分な能力を出せる充電」をする為で
-⊿ピークが来るタイミングが揃うように、
電池の「お腹のすき具合」を同じにしています。
食べ過ぎ(仕事をしたがらない奴)や
空腹の奴が一緒だと揃っての仕事に
不具合が出るのが一般的

それでも仕事をこなすと、誰かに負担が重なり
サボり癖の奴が出来たり、過労死する者がでます。
まさに世の理屈に合っています。(笑)
結果、
1・充電前のコンディショニング。→充電→走行
2・走行後のコンディショニング。→管理充電→保管

この繰り返しとなります。
走行までに期間が開いた場合は「おこし」を含め
走行を抜きの1→2を行います。

BALANの場合、単に電圧で揃えるにとどまらず
実質的な電池の残量をコンディショニングしていますから
電池の充電容量が大きく違う物は難しいとしても
充電の際のピークが揃いやすくなり、
電池のパフォーマンス・ライフの向上が
可能となります。
結果として、充電方法の幅も広がり
状況に合わせた、仕上げ方が出来るようになります。

たかがカット電圧ですが、認識のしかたで
奥が深まり・・・たのしいRCライフです。


BALAN講座その壱

最近ミニッツユーザーからの
BALANⅥとEXP+7miniG ZERO
お問い合わせが多くなってきました。
ミニッツ関係でお持ちの方がコマーシャルして
下さったのかも知れません。
ありがたい話です。

比較的重なる内容は・・・
参考になればと思い、
BALANをお持ちのミニッツユーザー様向けに情報です。
BALANの使い方として・・・
※EXPとの複合のマッチングは今は出来ません。
 (説明書を直すようにお願いしています)

まず端子と電池をクリーニングは忘れずに・・・

残量のある電池、もしくは管理充電されている電池を
放電して使う場合

・単四充電池をCELL1から順にCELL4(6でもOKです)を
BALANに入れて各LED表示がつくことを確認。

・カット電圧を設定し、(設定のままの場合は少し短めの長押し)
確認の音がしたら、スタート・・・

・電池のコンディションが揃うまでコンディショニング放電を
自動で繰り返し、終了。

注意事項として、放電開始後、すぐに切れる電池がある場合
一旦強制終了(スタートの長押し)
端子等を清掃して再スタート、状況が同じであれば
そのセルを除いて放電をかけてください。
そのセルは検知出きる電圧はありますが、
電流は大きく流せない状況です。

電池の状態や容量が近いとコンディショニングは
すぐに済むのですが・・・・死にかけた電池や
充電したタイミング、使用後の残量の違う電池が
混在すると長く掛かります。
過充電で駄目になりかけている電池も同様です。
判断する方法はユーザー様に直接お答えします。

コンディショニングがきちんと出来ていれば
充電の際の・・・過充電も起こりにくくなり電池も長持ちします。


明日はカット電圧について・・・・

久しぶりに

久しぶりに
クラブマンのOHネタです。
DSC01146-1.jpg
粉をふいていたヘッドがこのぐらいまで再生しました。
DSC01148-1.jpg
かなり綺麗になりました。
DSC01149-1.jpg
ちょっと寄り過ぎましたが・・・
ドライ散布のノズル? 
ヘッドの中に張り巡らされています。
DSC01151-1.jpg
鋳型のもですが
よく出来ていますね!
DSC01153-1.jpg
キャブも撮影後に OH
今月末までには走らせます。 

HMまわるくんの質問に・・・

今年のタミヤレギュレーション
ライトチューンでまわりすぎるモーターの場合
走行後の車検で
モーターチェックを受けるという事ですが
HMまわるくんを付けた場合
明らかに回転数が上がってしまうので
他社のようにケーブルにつけた形で
発売されないか?

というご質問に・・・・・・

回生回路という点で
何ら他と変わりが無いとは思うのですが
「モーターに着いてる」
ことが問題になるのなら、確かに一考です。

幸い、ライトチューンの場合、23Tほどの負荷が
掛かりませんから、他のショットキーと同じように
全体を収縮チューブで撒いて、銅線にコードを付け
延長してアンプのコードにつけられても
その効果は十分に得られると思いますし、
レギュレーション的にも問題が無いと思います。
これでだめというのなら、
回生回路そのものがだめということなので
K・さんのアンプなどは使えなくなってしまいます。
それは無いと思いますので

双葉・キーエンス・KOさんの12~14Gのコードで延長を作ってご使用ください。



NEW アイテム

dnanoを頂いたSONYのサイバーショットで撮ってみました
DSC01160-1.jpg
マクロで写してみましたが・・
近すぎました。画素数が多いので
少し離して加工で切り取る方が良さそうです。
カメラが一台なのでカメラを写せませんが・・・今度ご紹介いたします。
肝心のエンツオのサイズ比較に
DSC01163-1.jpg
HUDYのレンチを置かなければサイズが判らないほどの仕上がりです。
DSC01155-1.jpg
携帯のモーターでもよく走ります。
DSC01158-1.jpg

DSC01165-1.jpg
美しい!!
DSC01168-1.jpg
よりすぎました。しかし綺麗です。
ご覧になりたい方はジョーレンズまで!!

dnano続き・・・・

やっと戻ってきました。
しかし、
山積みです。あはははは・・・・・

まずは報告を・・・・
京商のdnano発表の様子を
D1000001-2.jpg
はずは社長&会長のご挨拶から・・・コンセプトを
D1000008-2.jpg
D1000013-2.jpg
D1000024-2.jpg
D1000007-2.jpg
写真からはスケール感が判りづらいと思いますが1/43です。
ミニカーでよくあるサイズのままで
ボディーに合わせてシャーシが作られています。
(トレッドもホイルベースも)
したがって、スケール感は抜群でした。
デモンストレーションは京商ワークスDの面々
ガチンコは面白かったし・・・速い!!
大きくタイプの違う3台を操縦させていただきましたが
それぞれに味があって、ミニッツより操りやすい!!
よく出来ています。
D1000015-2.jpg
勝手にカウンターシステム(笑い)と
D1000016-2.jpg
メガネをかけてもよく見えなかったFスプリング
D1000017-2.jpg
青い強化パーツなど・・・後モータなどもありました。
D1000005-2.jpg
実車の発表会と同じノリです。
D1000021-2.jpg
D1000022-2.jpg
D1000012-2.jpg
京商さんのこれにかける意気込みを感じます。
システムを含めとても新しいと思います。
大きい商圏で出せれば素敵な素材ですね!!
来たかいがありました。
しかしRCで100人規模のプレス参加はすごいですね・・・・
私的にはローカルであったトヨタのZEROクラウン発表の時以来です。
おしゃれなパーティー形式でした。
D1000025-2.jpg
スタッフの皆様!
良い時間をありがとうございました。&お疲れ様でした。

今日はまだ・・・・

今日はまだ・・・今シャインさんで打ち合わせ中で
神奈川にいます。
昨日は
京商のdnanoのプレス公開があり
パーティーに出ていました。
いや~~~すごいスケールRCが出来ています。
実際の運動性能を見ると感動物でした。

京商ワークスドライバーの面々がデモンストレーションで
走行させていたのですが、撮影用の走行の時には
綺麗な編隊走行でしたが・・・・・

フリーで走行となると段々とマジバトルになり・・
ここはさすがにシンノスケパワー炸裂!!
大変楽しませていただきました。

画像は帰って入力いたします。
おたのしみに

ちょいと風邪気味

先週から、ちょっと風邪気味だったので
週明けに兆候が一気に出ましまい
更新が遅れていました。

やばいな~~と思っていたのですが、
お土産のご馳走で「前倒し」のカロリー補充のおかげで
ひょっとしてインフルエンザか?
と思う症状を月~火曜日で押さえきりました。

今週は子供の受験ウイークだけに
大事を取って
先週から引き続きキャンピングカーで
大半の時間を過ごしました。
今日は、すこし頭が痛いこと以外は
何とか通常業務に復帰できそうです。
予定作業もここまで進み
こんな感じです。
D1000008-1.jpg
スイフトです。
D1000009-1.jpg
XRAYT2008です。
D1000010-1.jpg
箱詰め!!
モーターガードとバッテリーホルダーが
共通なのでまだ着いていません。
D1000011-1.jpg
大半が収まりました。
細かくチェックしたいところですが、
明日までの出荷がたまっているので今日はここまで・・・
明日はお江戸に所用で・・・出張
新幹線で行きますが、日帰りできるかどうか??
ま~~その前に
新幹線の時間までに
このまま徹夜してでも
出荷準備が終われるかどうかですね?
微妙なスケジュールです。
列車に乗れば終点まで眠れるのですが・・・・
やれるとこまで頑張りましょう!!

本日のレース!!

月を越しましたが2月レース終了です!!
土曜までの天気からすると
今日は風も無く、暖かい一日で
良いラジコン日和でした。

本日お越し頂いた皆様。
ご参加ありがとうございました!!

私も金曜日に充電した電池がいっぱいありましたので
初めて、全カテゴリーの参戦!!

しかもツーリングにいたっては
2005年7月以来の参加!
予選を1ヒート程T2 007のレンタカーをお借りして走って
決勝もT2006のブラシレスで参加!

久しぶりに緊張感の漂ういい空気感で
大変たのしまさせていただき
ありがとうございましたました。

これも多くの実況、運営をお手伝い頂いた
皆様のおかげだと思っております。

今月の23t&BはT2 008投入と
電池、モーターをリニューアルして望みますので
皆さん遊んでやってください!!楽しみましょう!!

反省
本日は楽しみすぎました。
写真をまるで撮っていなかったので
今月のアップはリザルトのみとなります
ごめんなさいm( _ _ )m
また次回に撮りますのでご容赦を!!

お疲れ様でした!


頂き物!!

明日は先週延期になったレースを行います。
SWIFT・MINI・チャレンジ・23Tです。
予定がずれたので少人数になりそうですが
そレはそれで、じっくり楽しみましょう!!

お久しぶりのお客様からたくさんのお土産!!をいただきました。
ご紹介です!!いつもスイマセン。
D1000065-1.jpg
わたりさんです。袋から出す時に攻撃を受けました。
あ~~~びっくり!大きいし元気良いです。
長崎あたりからでしょうか?いや~~おおきい
D1000069-1.jpg
焼肉レバーです!これがおいしい!
疲れている時には効きます!!そんな年齢です。
D1000068-1.jpg
圧倒的な量の生牡蠣とあんきも!!
D1000067-1.jpg
果物のセット!!干し柿もあります。
今夜のメニュー決定です。
ご一緒に、出来ればよかったのだと思いますが・・・まだご予定が詰まっていらっしゃるようで
ご苦労様です。
いや~~それにしてもありがたい!!ご馳走の山です。
早速、晩御飯に!!
D1000070-1.jpg
あんきもを昆布入りの鍋に!
牡蠣や軽くゆでた渡り蟹を入れて、紅葉おろし風橙酢でいただきます。
D1000073-1.jpg
わたりがにOPENの図
D1000071-1.jpg
牡蠣inの図
D1000072-1.jpg
お子様は「きもマヨ」にはまったようです。
私はいわゆる鍋コースです。
D1000074-1.jpg
最後に全部少しずつ残ったところで
雑炊?ににしていきます。
丁度、翔○朗くんとあ~~さ~~さんが居合わせたので
おすそ分け!!きもや牡蠣をみんなでいただきました。
翔○朗君は酒がないので雑炊はパスしましたが
あ~~さ~~さんはねぎラーメン(カップ)を食べながら
きもと雑炊!!(牡蠣はだめな体質らしいです)
鍋!!いい~~!!残った材料で明日もいただきましょう!!
お腹いっぱいです!!ご馳走様でした!!
さ~~あしたもがんばるぞ~~!

XRAYT2008

XRAYのレポートを
簡単に・・・・
まずは全体の感じから
D1000001.jpg
かなりすっきりしています。
昨日、シャーシの部分を組み立てました。
ワンウェイ仕様にしたら
ドライブシャフトを007用にするか?
ドライブカップの下のスペーサー(2mm実際は1.75mmだった)を
1,0mm~0.9mmにすると無理なくつきます。
ナイロンキャップは007用を使います。
D1000002.jpg
リヤ用のナイロンキャップが厚くなっています。
D1000003.jpg
スタビが標準はうれしいですね!
D1000004.jpg
007もありました。ロールセンターを変更できます。
はじめてこんなのを見つけたのは・・・テンステクノロジーのプレデターだったかな??
D1000006.jpg
ここが噂のワンウエイ処理・・・携帯のカメラなのでぼけてごめんなさい。
D1000005.jpg
完成しました。
後はメカを載せるだけです。
10.5Rで気持ちよいらくらくツーリングも良いのでは?
次はM03Rです。ではでは